バングルとは

バッファローホーンラウンドバングル

バングルとは、もともとは金、銀、ガラスなどで作られた飾り輪や腕輪のことです。足首飾りも含まれるそうです。しかし、ブレスレットとして手首にはめる装飾品のことを今では主にさすようです。
形状にもいろいろあります。シンプルなものや派手なものまで。バングルとはブレスレットとは少し違うようです。
細い環状で、まったく留め具のないブレスレットをバングルと呼びます。
派手なものでなければ女性なら職場によりますがバングルを着けて会社に行っても大丈夫だと思います。
ちょっと探しただけでバングルのシンプルですがそのデザインの多様性にお気づきになると思います。値段もまちまちですね。数千円で買えるものから何万円もするものまで。
見た目はあまり変わらないような気がします。素材によって価格が決まってくるようです。手首にバングルを一つ着けるだけでも印象は変わってきます。

アンティークバングル

西欧では、古くからアクセサリーのひとつとしてバングルが好まれてきました。。 フランスのアンティークアクセサリーでは、シルバーバングル、またすべてがゴールドでできたゴールドバングルを見つけることができます。変わったアンティークバングルでは、象牙やベークライトを使用したものもあります。 バングルは留め具の部分を酷使するアクセサリーです。現代の機械化された工場で作られるバングルは、どうしてもすぐに壊れます。しかし、アンティークのバングルはすべて手作りされており、どれをとっても大変丈夫です。 100年たっても壊れていない当時のバングルと今日のものでは、作りがまったく異なるのです。アンティークバングルは、チェーンや留め具の作りが頑丈で、現代と同じ素材を使っていても丈夫で長持ちします。 アンティークバングルは大事に使えば、さらに何十年と持ち、万が一のことがあっても修理が可能な作りをしているのです。

スポンサードリンク